2-13:周囲の人達が戸惑わない「かたち」にしたい。

息子の「おうち」大作戦が始まった。

家族会議を開いて、

みんなの要望を聞いた。

ダンナさんは、

・いつでも誰でも目の届く場所に、

 いてほしい

・家族のど真ん中にいてほしい

私は、

・違和感なくみんなが関われる

・家族として常に感じていられる

娘は、

・一緒にいたい

・また会いたい

こうなると、俄然私のやる気スイッチが入る。

0から1を作るのが好き。

頭の中のイメージを、2次元のスケッチにして、

3次元のさわれるものに変えるのが至福♡

息子が帰ってくる場所は息子の「おうち」

居心地のいい「おうち」であるべきだ。

居心地のいい「おうち」は、

皆に愛されている。

皆に囲まれている。

『我が家のど真ん中に一緒にいて、

違和感を感じさせない、

それでいて、誰もが常に関われる。』

これまでの経過で、

私は周囲の人達が、どう関わればいいのかと

戸惑っていることを感じていた。

だから、周囲の人達が、

さりげなく関われるものにしたかった。

改まって、菓子折をお供えするとかじゃなくて。

ふとした時にウチの子の事思い出したから、

お土産だよ~!

って、ウチの娘におもちゃをくれるみたいに、

息子にも同じようにできたらいいんじゃないかと思った。

私達も、日常や、出かけた先で、

思い出を息子と共有したかった。

だから、「おうち」の中に

小部屋をたくさん作ろうと思った。

いろんな人のいろんな想いを受け取れるように。

ここに入れてね。って。

それから、家族の一員として、

毎日関れるようにするために、

「おうち」に扉をつけた。

朝は、おはよう!

夜は、おやすみ!

が言えるように。

LINE@で友達追加して相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です