2-12:ボクとの経験を糧として、ステキな人生を送っていると思ってもらいたい!

私が幸せに楽しくやってていい。

私が私であっていい。

Sのおかげで、

そんな許可を自分に出せた。

息子からのギフトをちゃんと受け取ろう。

今度こそ。

息子の初盆が近かった。

あの子が帰ってくる!

ちゃんとお迎えしてあげたい。

そんなタイミングが重なって、

私はSのところから戻ると、

あんなに滞っていた、息子の「おうち」づくりの

構想をせっせと練り始めた。

息子に残念な思いをさせたくない。

自分のせいで、お母ちゃんを不幸にしたとは

思わせたくない。

お母ちゃんは、ボクとの経験を糧として、

ステキな人生を送っている。

と思ってもらいたい。

そうやって、

私が私であることが、

息子が我が家にやってきた意味なのだと思う。

お母ちゃんは、あなたの命をムダにはしないよ!


「たましいのおうち」について

木のおもちゃ作家、多胡歩未が、自身の経験から、子どもを亡くしたご家族が前を向いて生きていくための、家族の「かたち」を一緒に考え、オーダーメイドで作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です