2-11:楽しくワイワイ生きる事は、天使に申し訳ない気がしていた。

私は意識のどこかで、

私や家族が、楽しくワイワイやっているのは、

息子に申し訳ない気がしていた。

ここに居られなかった息子に申し訳ない気がしていた。

Sは断言した。

「Kくんが、あるみ(私)に、

苦しんでいてほしいなんて思っているわけがない!

普通はお母さんに、

幸せになって欲しいと思っているに決まってる!!」

その言葉は新鮮だった。

逆に言うと、

私が苦しんでいることで、

息子を苦しませていることになる。

お母さんを苦しませている原因は自分だと思わせてしまう。

私は何度もSに確認した。

「本当に私が楽しくやってていいの?」

何度聞いてもSの答えは

「あたりまえやろ!」

だった。

『みんなの力を借りて、

私が私であること』

また忘れていた。

もう何度目だろう。

「お母ちゃん、本当に分かっていない!」

と息子に言われているようだ。

私はこれで、

今まで背負い込んでいた鎧のようなものが

やっと脱げた感じだった。

私の思うままに、

みんなを巻き込める、

息子の居場所を作ろう!

誰もが息子をいつでも近くに感じられる場所を。

LINE@で友達追加して相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です