2-10:私が私の気持ちを理解しないで、周りの人が理解できるわけがない!

そんなつもりはなかったけれど、

私はSにぶちまけていた。

誰にどう言われて、どんな風に腹が立ったのか。

誰のどんな反応に傷ついたのか。

誰に何を言われて悲しかったのか。

なんでなかったことにされるのか。

なんでなかったこととして、振る舞わなければいけないのか。

あの箱に詰め込んでいた、

なんで、なんで、を

1つずつ取り出して、Sに投げた。

Sは1つずつ受け取って、

浄化し、宙に放った。

安心して投げ続けることができた。

そうやって、

うわべの「なんで」を投げていると、

ついに、箱の底の方にある、

私の核心に辿り着いていた。

あぁ、私は、壮絶な経験をしたんだ。

そんな経験の後は、休んだっていい。

しんどくてあたりまえ。

私が私の気持ちを理解しないで、

周りの人が理解できるわけがない。

私が私の気持ちを言語化したら、

周りはそれに応じてくれる。

何もなかったかのようにしているのは、

私自身なのだ!!


LINE@で友達追加して相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です