2-2:業者に託さなくても、最高に見送るやり方はある。

息子を産んで、

数日間入院して療養してから、

自宅に帰った。

その間にダンナさんが奔走してくれた事は、

病院から書類を受け取り、

役所に行って、

出生届を出す。

同時に死亡届も必要だったけど、

産まれたという事は、

戸籍に名前が載ることで、

一瞬でも社会の一員になった。

期せずして、

保険証などを受け取ることになった。

病院でも、診察券が発行された。

息子の名前が記載された私物。

今でも宝物だ。

そして、役所で発行された死亡届を持って、

火葬場での手続き。

業者は通さず、

自分達で連れてくること。

お骨を全部拾いたいこと。

これには訳があって、

息子は骨の病気だったから、

要するに骨がもろい。

もしかしたら、骨は残らないかもしれない

と病院で言われていた。

担当の人は、親身に話を聞いてくれたという。

できるだけ残るように、

全部拾えるように、

計らってくれることになった。

そして、旅立つ時の

お棺。

男の子の赤ちゃんらしく、

みずいろのくまちゃん柄の

かわいらしい棺にした。

それから、お花。

お気に入りのお花屋さんで、

当日の朝受け取れるように

段取ってくれた。

好きな花をいっぱい入れてもらった。

退院の時点で、

そこまでやってくれていたので、

帰宅後は、

お別れの日まで、

本当に家族みんなで、

息子を囲んで過ごすことができた。

娘もお姉ちゃんぶりを発揮して、

絵本を読んであげたりしていた。

家族が増えた幸せを感じていた。

LINE@で友達追加して相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です